タクシーの運転手は定年退職後の仕事にぴったりです

運転が好きならタクシーの運転手がいいです

定年退職後、まだまだ働きたいのに会社は雇ってくれなかったという場合があります。そんな方は、会社のことばかりを考えるのでは新たにタクシーの運転手として第二の人生をスタートしてみませんか。車の運転が好きで、今までよく車を使って仕事をした方ならタクシーという仕事に今までの仕事でがんばったことが生かせます。ただし、タクシー会社の多くは、昼間勤務と夜間勤務を一週間ずつ交代にしています。慣れないうちは特に夜間勤務は大変でしょうが、電車やバスがなくなるため昼間より乗車率は良くなることも珍しくありません。夜間は特に暗い中を車で走るので注意が必要ですが、タクシーの仕事をやっていくうちに徐々に慣れていきます。

タクシー運転手は歩合性です

今までサラリーマンなら会社にいれば給料は入ってきましたが、タクシー運転手は歩合制です。つまり、お客さんを乗せて、遠い距離を行かなければ給料に反映されません。しかし、かつては短距離だと断っていたタクシーも今では短距離でも喜んでお客さんを乗せています。短距離でタクシーに乗せないとなるとクレーマーが出てきます。そしてタクシー会社の悪評を言われかねません。それよりも、短距離でも快く乗せて小さく稼ぐ方が良いです。タクシーは歩合制なので短距離ではそんなにお金にはなりません。しかし、大局的に見れば、いつも短距離ばかり利用しているお客さんがたまに長距離を利用することもあります。その時、いつものタクシーと決めていただくと自分に当たる確率は高くなりますし、また、他のドライバーの親切が自分に来ることもあります。

役員運転手は、役員のスケジュールに従わなければなりません。また、役員に対する適切な態度や言葉遣いが求められます。さらに車のなかでは役員とほかの人との会話も聞こえますから、秘守事項の遵守は重要です。