適性検査を導入するメリットと受験形態について

適性検査を導入する効果

適性検査とは、ある職業に対してどれほどの適性を持っているかどうかを診断するための検査です。面接では伝わりづらい能力や性格を明らかにし、仕事とのミスマッチを回避するために役立つことから、多くの企業が採用時に導入しています。特に大勢の採用希望者が集まる新卒採用では、採用にかける時間を短縮させるためにも有効です。適性検査では、一般常識などの知識やスキル、求職者の性格、求職者の興味や指向について知ることが可能です。人物を多角的に評価できることが特徴であり、第一印象や面接官の能力によらず客観的な判断ができるようになります。優秀だと思っていた新人がなかなか活躍しない、といった悩みがあるのなら、適性検査を行ってみてはいかがでしょう。

適性検査の形態の選び方

適性検査には、筆記試験やウェブテストなどの様々な形態のものがあります。求職者の自宅で行うは、求職者にとっては好きなタイミングで受験できますし、採用側にとっては会場を用意する手間や結果の集計が楽になるなどのメリットがあります。しかし、不正を行いやすいデメリットもあるので、性格適性や興味・指向適性を検査する際に適した形態です。筆記試験は不正が難しいメリットがある反面、監督者をおく必要や会場を確保しなければならないデメリットも存在します。筆記試験は能力適正検査を行うのに適しています。特に、漢字の書き間違いをチェックできるのは筆記試験ならではの特徴と言えるでしょう。適性検査は何について把握したいのかを明確にしたうえで、実施する検査を決めることが重要です。

船の免許証を取得する場合には、適性検査が実施されます。裸眼で0.1以上見える事が必要で、手足の動きも検査されます。