方法や成功の秘訣を知ろう!事業承継とは?

事業承継の方法とは?

事業承継とは、後継者に会社の経営を引き継ぐことです。誰に引継ぎ、どの程度の事業内容を引き継ぐかなどを考える必要があります。事業承継の方法は「親族・親族以外の従業員・M&A」です。親族へ承継する場合は、子供や孫などに引き継ぎます。よく知っている人に引き継げる安心感があり、親族ということで従業員は納得してくれる可能性が高いでしょう。親族以外の従業員に承継する場合は、親族で適任者がいなかった時や引き継ぎたい優秀な人がいる時です。従業員に承継する時は、その他の役員や従業員・株主などの理解を得なくてはなりません。役員会議や株主総会などを開いて、よく話し合う必要があるでしょう。事業承継には、M&Aで行う方法もあります。これは、企業の合併や吸収のことです。他の会社に事業内容を引き継ぐことをいいます。M&Aは事業そのものを譲渡することです。よって、資産の譲渡とは異なります。M&Aで別の会社に売却をした場合、購入した企業が事業を続けてくれるので、事業内容を潰さずに引き継ぐことができるのです。

事業承継を成功させる秘訣

事業承継を成功させるためには、引退時期を決めることからです。社長の引退時期や引退後のプランを考えることは、成功の秘訣になります。例えば、自身の子供に承継したい場合、その人が適任になるまでは引退できません。後継者の能力や将来性を見極める必要があり、それらをしっかり行うと成功するでしょう。また、引き継ぎやすい環境作りも大切です。役員や従業員・株主に理解してもらい、協力してもらえる環境を作っておきます。親族間での争い防止などもしておくといいでしょう。アドバイザーがいることも、成功の秘訣になります。

事業承継とは、企業の経営者が最も信頼をよせることができる後継者に対して事業を承継させることをいいます。