引越しをする時の下準備、引越しにはこんなコツがあった!

まるでゲームみたい?!

今引越す予定などないと言ってもいつか引越す時が来るかもしれませんよね。今回は引越しをしないという人でも知っておけば、いつか役立つだろう引越しのコツについて考えてみましょう。引越しと言えば物を運んでの繰り返し作業です。物を運んで並べるというのは、考え方によってはゲームみたいなものかもしれません。一見、体が資本みたいに思える引越しですが、運ぶ順番などを間違えると上手くいきません。引越しが得意な人は、頭の回転がいい人です。整理整頓や片付けなども置けばいいというものではなく、どう並べるかを考える必要があります。

テキパキやって片付けよう!

部屋の整理が行き届いている人は、引越しする時も手際よく済ませることができるはずです。ゴミの分別が上手い人も引越し作業をスムーズに進めることができると思います。引越しを完了する時刻は決められていますから、テキパキ派の性格ほど向いているでしょう。元の住居から冷蔵庫や洗濯機などの大型家電を運ぶのは最後にして、新しい住居に運び入れるときは、初めに設置するようにします。大型製品の位置をはじめに決めておけば、後々動かすものを小物のみにできます。

荷造り後はメモをつけよう

荷造りは下準備のようなもので、荷造り後の箱には何からしらのメモを付けておく必要があります。運び入れが終わればひとまず引越しは終了となりますが、引越し後の整理もしなければなりません。何も書いていないダンボールだと、何が入っているか分からなくなります。急に必要になったが引越しして間がないため、何がどこにあるのかさっぱり…ということになると生活にも支障をきたします。テレビのリモコンを入れる箱には、「家電小物部品」とか表示しておくといいでしょう。

不用品の回収は引っ越しや大掃除の際に便利ですが、業者に依頼するときは、その費用に注意しましょう。回収料以外に、処分料や出張料などの費用が掛かる業者もあります。