何を求めるかによって違う営業代行の使い方

アポが取れないでお悩みならアポ代行を

商品には自信があるのに、さっぱり売れ行きが良くないとお悩みの会社も多いでしょう。実際、そういった世の中に埋もれた光る商品は確かにあります。ところが、そもそも商品を紹介するためのアポイントが取れないのではどうにもなりません。相手先からすげなく断られると精神的なダメージも大きいですし、営業ではこの最初の段階で挫折する場合がとても多いです。営業代行にはこのアポイント取得を専門に請け負うところがあります。実際に見込み客と会える場をセッティングするまでが請け負い範囲です。請け負いのパターンは各社様々ですが、一般的にはテレアポ1件あたりいくらという作業報酬とアポイント成立あたりいくらという成功報酬を組み合わせた報酬タイプが多いです。

長期的に自社の営業力を上げたい場合も

自社に営業部隊がいて、そのスキルを伸ばすことが長期的に見て会社の発展に繋がるとお考えの場合には社内で営業マンを鍛えたり、営業経験豊富な人材を雇うといった方法もよく取られます。しかし、雇用の場合にはコストもかかりますし、能力の適正もやってみなければ分かりません。そうした場合に頼りになるのが営業代行の中でもコンサルやスキルアップ訓練と組み合わせたプロ営業です。この仕組みは自社の営業部門に入ってもらい、営業スタイルの構築や戦略戦術の指導も含めて対応してもらうやり方です。もちろん訓練だけではなく、自社社員と一緒に営業に回ってもらい、実践の中でノウハウを伝授してもらえます。この方法は今の営業成績を上げられるのに加え、契約期間が終了しても自社の営業部門がより強力になっていて将来に渡ってメリットが大きい方法と言えます。

多くの商品は性能や品質はいいのに営業力がないために浸透していないのがほとんどです。営業代行を使えば低いコストで効率的に売り上げアップが狙えます。